前進が無いように感じられる停滞期は不安を感じることも多い

ダイエット同様、停滞期というものは育毛でも一度は必ず感じるはずです。髪の生涯とも言えるヘアサイクルは順に成長期、停滞期、退行期となっており、半年程も停滞期が続くこともありえます。前進が無いように感じられるこの期間は不安を感じることも多いでしょう。でも、その後に来る退行期を乗り越えて次の髪は治療成分を蓄えた毛根から生まれます。成果を実感できるようになるのはその頃からですので、辛抱強くそれを待つ事が肝心です。ご存知かもしれませんが、髪の毛の成分はタンパク質が中心です。人間の身体には、髪に限らず、そのほとんどがタンパク質で作られている部分があちこちにあります。タンパク質が接種されると生命維持に不可欠な場所に比重を置いての補給が行われることから、たとえ無くとも生死に関わらない髪の毛に届くまでには潤沢に摂取する必要があります。そのため、育毛時の食事では、 タンパク質をたくさん含んでいる大豆などの摂取をどんどん行う事が欠かせません。髪や頭皮に優しい印象があるノンシリコンシャンプーですが、頭皮や髪の毛に影響しているのは実際にはシリコンそのものではありません。シャンプーに洗浄成分として強力なものを配合していると、強力な洗浄作用故に髪の毛がパサついてしまうので、ガサガサをコーティングするため、シリコン成分を使用しているのですね。育毛を目的とするならノンシリコンかシリコンかに着目するのではなくて、使われている洗浄成分は何であるかに注意することが大切であると言えるでしょう。一般に、発毛や育毛の促進に効果的とも言われるたんぱく質の一種である成長因子は、またの名をグロースファクターとも言います。毛母細胞に作用し活発に活動させる、不安定なヘアサイクルを安定させる、血の巡りを促進するなどといった効果が見込めます。育毛クリニックによる治療として毛穴に成長因子が注入されるような場合もあります。さらに、成長因子の合成された育毛剤も手に入れることができます。いつも行うブラッシングをないがしろにせずに、正しい方法で髪の毛をとかすようにすることは、後々、健やかな髪の毛を生やすことになるでしょう。ブラッシングに使うブラシは先が尖っていないもので、また、静電気によって髪の毛が摩擦を起こしにくいものを慎重に選ぶようにしましょう。多少お値段が張りますが、ブラシは人工素材ではないナチュラル素材から作られたものを購入した方がベストです。更に、先が丸くなっているブラシを使ったときにも、なるべく頭皮に直接ブラシをあてずに髪の毛をとかすことで頭皮環境を健やかに保つことが出来るのですね。あらゆる頭皮ケアを試すよりも、いっそ何もケアしないことの方がむしろ育毛に良いのではないかと言う人もいるのです。頭皮ケアとして特別なことを行わなくても、いつもやっているシャンプー方法をちょっと変えたらより良い頭皮の状態に変化することもあるでしょう。人工的に合成した界面活性剤を一切使わない天然成分から出来たシャンプーに変更したり、湯シャンというお湯だけで洗髪する方法を積極的に取り入れようとする人達もいるのです。ヒアルロン酸は保湿効果に優れていますが、乾燥しがちな頭皮の保水力も増進させる効果が期待できると言うことで育毛剤に入っていることも多い物質です。充分な量の水分が頭皮に存在するとベストな角質状態になって、髪の毛が瑞々しくなります。さらには、ヒアルロン酸は血液循環を良くする効果があることが近年の研究成果から分かってきました。これらのことからますますヒアルロン酸は育毛に大切な物質といえますね。整体やカイロプラクティックのなかには、頭皮環境を整えるために「頭蓋骨矯正」をやっているところがあります。頭蓋骨矯正をする意味は、頭の皮膚の硬化などの現象が起きているのは、頭蓋骨が本来の姿よりも歪んだりしているのが原因だとする考え方から来ています。育毛剤を使ったり病院で治療したりすることのほかに頭蓋骨矯正の施術を受ければ、幾つもの効果が重なっていやがおうにも最高の結果を期待してしまいますね。専門として薄毛治療を取り扱っているクリニックには、育毛や発毛に効き目を示す成分を経口ではなく点滴によって体内にダイレクトに取り込むという方法によって治療する所もあるようです。投与の際は発毛成分に限らずビタミンなども入れるので、体質改善として頭皮の活性化やストレス解消なども有望です。単なる点滴だけではなく、他にも治療を同時進行すればもっと効果を高められます。シャンプーした髪の毛をどうやって乾かすかは、育毛と関連した大切な項目です。自然に乾燥するのを待つのではなくて、ドライヤーで根元からしっかりと乾かしてあげる方が良いです。洗髪後は髪の毛のキューティクルが開いてしまいますが、ドライヤーを使わない自然乾燥では長時間そのままですから、開いたキューティクルの間から水分が蒸発してしまいます。さらに、育毛剤を使うときの注意点としてはドライヤーで乾燥させた後に使わないと、ドライヤーの熱風でわざわざ塗った成分が蒸発してしまうかも知れませんので注意してください。